暖かい服ならヒーター内臓のベストがイチ押し



人気記事
悪評はある?おすすめヒーター内蔵ベスト「ぬくさに首ったけ」の口コミや評判はここでチェック!

通販で1番売れてる電熱ベスト(充電式)「ぬくさに首ったけ」の販売店の価格を比較!

Pocket
LINEで送る

寒さを乗り切るには暖かい服装をするのは必須です
油断していると 風邪をひいたり、腰が痛くなったりします
特に中高年の方々は、他人事ではありません・冷えにはご注意ください

 
 
いつまでも若い頃と同じ服装ではダメですよ・・・
おしゃれはもちろんですがそんな中にも、保温も意識した服を着ていただきたいです

 
 
 

 
 

先日私は、冷えから腰が痛くなり会社も休んで病院通いをいたしました
先生に冷えからも腰が痛くなると・・・
自分でも気持ちは若い頃と同じ気分で保温服を着ていなかった・・・と思い当たる節があり
冷えは結構恐ろしいな・・・と・腰が痛いのもかなり辛いと初めて知りました

 
 

保温効果のある服

 

 
 
 
おしゃれな寒さ対策の服はいろいろありますね
裏地ボアであったかい、子供用 裏起毛ズボンもCMで見かけます

 
 

まず思い浮かぶのはヒートテック

 

 
 
 
お店には「ヒートテック」と名のついた商品が目白押しにたくさんあります
今やインナー下着だけではありません

 
 
ヒートテックレギンスパンツ、ヒートテックキャップ、ヒートテックグローブ
これなら全身をヒートテックの素材で完全防御できそうです
ヒートテックは確かに暖かいし寒さ対策にはいいものですね

 
 

コートはダウンコート

 

 
 
 
無数の羽毛が詰め込まれているダウンコートは暖かいですね・・・
尚且つ軽いので近年は人気の羽毛素材のコートです

 
 
私もいいと思っているんですが 私と子供は羽毛に負ける
羽毛布団で寝ると痒くなるんです
なので羽毛布団はパパが使っています 
きっとコートでも痒くなったら困るのであえて避けています

 
 

ウール素材のコート

 

 
 
 
ウール素材のコートもダウンには少し劣りますが優秀な天然素材です
寒ければ体温を閉じこめ保温してくれるし、暑かったら、湿度を放出してくれる・・・
ウールは温度調節機能を持っている為、一年中スーツの素材に用いられていますよ

 
 

寒さを乗り切る超話題の防寒アイテムがあります
おすすめは充電式ヒーター付きベストの「ぬくさに首ったけ」です

 
 

充電式ヒーター付きベストの「ぬくさに首ったけ」とは?

 

 
 
 

  • ワンタッチで首と背中にあるヒーターが10秒でポカポカに!
  • 暖かさが全身に広がり、寒さの悩みを解消します!
  • 部位別でも対応しております(ベスト、ブルゾン、手袋、くつ下と個別対応)

 
 
「ぬくさに首ったけ」の口コミはこちら
 
 
購入された方からは「着るだけで暖かさと軽さにビックリ!」と驚きの声が続出!
冷えから体を守るためにも暖かい「ぬくさに首ったけ」のベストはイチオシです

 
 

電熱ヒーター内蔵ベスト「ぬくさに首ったけ」の仕組み

 



↑「ぬくさに首ったけ」へジャンプ
 
 
 

電熱ヒーターを内蔵している上着やベンチコートも
充電器に充電した電気の力で発熱させます
外にいながらにして発熱を行い、体全体を暖かくしてくれるわけですね
(*´∀`)♪

 
 
ぬくさに首ったけの場合は、日本製のマイクロカーボンファイバーに電気を流して
温まるまで約10秒という即効性の暖房性能を実現しています
※電池はリチウムイオンバッテリーで軽量&コンパクト+大容量&安定パワー

 
 

ぬくさに首ったけのように、電熱ヒーターを内蔵している洋服は
カイロとは違い、全体的に暖かくして
持続時間も6時間以上長持ちしてくれるので

釣りやバイク、ゴルフなどのアウトドアが趣味の人に流行っているんですよ
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

使い方画像

 

 
 

 
 
 
充電が終わったらバッテリーを外してベストの専用ポケットに収納してください
来ている時は、と防寒具の温度調節がいつでも可能です
例えば・・・電気自転車の様な使い方ですね

 

 
 

電気代も安い

 

 
1日1回のフル充電で、ベストを毎日使用したとしても一ヶ月あたりの電気代はわずか
13円!(手袋約25円)
超省エネ仕様です。

 
 
電気代が1ヶ月13円は、嬉しい価格ですね
心おきなく毎日充電して使える

 
 
もちろんコードレスなので配線に悩まされることはありません。
バッテリーも超軽量!で

 
 
エッ?こんなに薄くて軽いのに!?
10秒で衝撃の暖かさ!
充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」





 
 
 
会社概要

 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ